BIGLOBEセキュリティ > Webフィルタリングサービス > バージョンアップのお知らせ(2010年4月22日)

バージョンアップのお知らせ

「Webフィルタリングサービス」で提供しているフィルタリングソフト「i-フィルター Active Edition」は、2010年4月22日にバージョンアップし、「i-フィルター for プロバイダー」に変わりました。
これに伴い、旧バージョン「i-フィルター Active Edition」は、2012年3月31日をもってサポートを終了しました。

「i-フィルター Active Edition」をご利用のお客様は、以下の手順に従って「i-フィルター for プロバイダー」にバージョンアップ(インストール)してください。

「i-フィルター for プロバイダー」の特長

  • 画面を一新!よりわかりやすく、使いやすくなりました
  • 検索結果画面の表示のブロック/登録キーワードの伏字表示ができるようになりました
  • フィルタリングソフト初!「ページの表示はできるけど、購入できない/書き込ませない」機能が追加されました

バージョンアップ方法

【バージョンアップの前にご確認ください】

必ず「i-フィルター Active Edition」を終了させてから、インストールを行ってください。

「i-フィルター Active Edition」起動中に「i-フィルター for プロバイダー」のインストールを行おうとした場合、エラーメッセージが表示され、インストールを完了することができません。
以下の手順に従って設定画面にログインし、「i-フィルター Active Edition」を終了してから、「i-フィルター for プロバイダー」をインストールしてください。

「i-フィルター Active Edition」の終了方法

※設定画面にログインするための設定パスワードを忘れた場合は、設定パスワードを表示するためのチケットを発行いたします。デジタルアーツ株式会社のサポート窓口までご連絡ください。

バージョンアップ前後では、一部の設定を引き継ぐことが可能です

バージョンアップを行うと、以下の共通設定を引き継ぐことができます。

  • ブラック除外リスト (見せて良いサイト)
  • ブラックリスト (見せたくないサイト)
  • 禁止語句・単語 (単語フィルター)
  • ホワイトリスト

ユーザー個別設定については引き継ぐことができませんので、ご注意ください。

  1. 「i-フィルター Active Edition」を終了し、以下のボタンをクリックして、ご利用環境に合ったソフトウェアをダウンロードしてください。
    【自分のパソコンが32bitか64bitかを確認するには】
    1. 画面左下の[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル]、[システムとメンテナンス]、[システム] の順にクリックします。
    2. [システム] の下にシステムの種類が表示されます。
  2. ダウンロードしたファイル“IFAE2NE02-2.00.02.0004_x86.exe”(※64bit版の場合は”IFAE2NE02-2.00.02.0004_x64.exe”)をダブルクリックします。
    ※インストールするときには、必ず管理者(Administrator)権限でWindowsにログオンしてください。
  3. [かんたんインストール]ボタンをクリックします。
    • [詳細インストール]ボタンをクリックすると、インストール先を変えたり、デスクトップに「i-フィルター」のアイコンを表示するかどうかを選べます。通常のインストール先は、「C:\Program Files\Digital Arts\IFAE2」です。
    • [操作マニュアルを見る]ボタンをクリックすると、操作マニュアルが表示されます。
    • 操作マニュアルをパソコン上で見られない場合は、Adobe Readerが必要です。
    • Adobe Readerアイコンをクリックして、Adobe Readerをお使いのパソコンにインストールしてください。
    • [閉じる]ボタンをクリックすると、インストールを取りやめます。
  4. 「プログラムを続行するにはあなたの許可が必要です」というメッセージが表示されたら、[続行]ボタンをクリックします。
    Windows XP、Windows 2000の場合は、この操作は必要ありません。手順5に進んでください。
  5. 内容を確認の上[使用許諾契約の全条項に同意します]を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
  6. [インストール]ボタンをクリックします。
  7. 「i-フィルター Active Edition」の削除に関する情報を確認して、[OK]ボタンをクリックしてください。
  8. シリアルIDを入力します。※シリアルIDを忘れた場合はこちらから確認できます。
  9. [設定パスワード]に設定したい設定パスワードを入力します。
    • 現在「i-フィルター Active Edition」をお使いのお客さまは、現在のシリアルIDをそのままお使いください。
    • 設定パスワードとは、「i-フィルター」の設定を変えたり、利用状況を見るときに使う大切なパスワードです。ほかの利用者に知られないようなパスワードにしてください。
    • 設定パスワードは、15字以内の半角英数字を入力してください。
    • 設定パスワードは、大文字と小文字が区別されます。
    • 設定パスワードを空欄のままでも設定できますが、セキュリティのため、設定パスワードを設定することをお勧めします。
  10. 確認のため、設定したい設定パスワードを再度入力し、[OK]ボタンをクリックします。(※手順8と同じ設定パスワードを入力してください。)
  11. [完了]ボタンをクリックします。
    • 「i-フィルター」がインストールされます。通知領域(タスクトレイ)にiアイコンが表示されます。
    • 通知領域(タスクトレイ)のiアイコンは、「i-フィルター」の機能をすぐに呼び出せるので便利です。
    • 通知領域(タスクトレイ)のiアイコンは、表示させないよう設定することもできます。